足つぼ・手技療法の刺激法について

足つぼ・手技療法の刺激法について

足つぼ・手技療法の刺激法について

足ツボ療法が注目を集めているが、日本発祥、発展の指圧の他に、世界には「手当て」といえる手技療法が有る。例えば、あんまは、中国発祥、発展の手技療法である。また、マッサージは西洋発祥、発展の手技療法である。

 

手技療法の刺激法には、以下の6つが有る。

 

1.さする
マッサージで中心となる刺激法である。背中はツボの位置にてのひら全体をつけてなで、腹部はみぞおちからわき腹にかけて親指を肋骨の下におき、骨にそってさする。マッサージのケースの場合、手を滑りやすくするためにオイルなどの潤滑剤を皮膚に用いることが有る。

 

2.もむ

 

あんまで中心となる刺激法である。軽く指を曲げ、てのひらのつけ根を皮膚にくっ付けて、急がずゆっくりと右回りにまわしながら背中から腰にかけてもみたいと思う。

 

3.こねる

 

上腕、前腕、背中、腹部、太もも、すねなどの筋肉は、両方または片方の手のひらでこねるように筋肉を動かしてゆく。

 

4.たたく

 

親指をたてて、ゆるいこぶしをつくり、両方で代わる代わる軽くたたく。この方法は、頭、顔、胸、腹部以外の位置に用いれる。

 

5.ふるわす

 

腕をまっすぐに持ち上げてこまかく震わせる。足のケースの場合も、足首をもって同じように実践する。また、指の先や手のひらを当てて直接振動を与える方法も有る。

 

6.押す
指圧で一番活用する刺激法である。親指の腹をツボに当て、3〜5秒押したあと、急がずゆっくりと力を抜いてゆく。以下の位置に移動するケースの場合もこれをくり返す。

トップへ戻る