睡眠障害に属する不眠症

睡眠障害には、多種多様な分類がある。どういった種類のものがあるのか解説してみたいとおもわれるので参照事項としてみてほしい。

 

≪不眠症≫
睡眠にかんする開始(寝つき)とか、睡眠のキープ(途中でおきてしまう)とかが難しく、これが障害と為ってる状態の事を指している。

 

≪過眠症≫
夜ではなく、昼間に眠気がつよく眠ってしまい、いっぺん就寝してしまうとなかなかどうして目を覚ます事ができなくなる状態の事を指している。

 

≪リズム≫
睡眠と云うのは、朝おきて夜就寝すると云う24時間の周期の中でリズムがあるが、このリズムが崩壊してしまい、夜眠れなくなる状態の事を指している。

 

≪不眠≫
夜就寝している時に、悪夢や夢遊病等睡眠中におきる事に拠って睡眠そのものが邪魔されてしまう状態の事を指している。

 

こういった具合に、多種多様な睡眠障害のパターンがあるとおもわれるが、ここでは不眠症にかんする症状の事にかんして解説する。
不眠症には一過性不眠、短期不眠、長期不眠と種類があるがおのおの懸念度や症状が異なる。一過性不眠は海外旅行に行って時差ぼけで眠れない、本日は暑すぎて眠れない、旅行で枕が変わって眠れない等一時的な環境の変化に拠って生じるものを指する。このケースの場合は一過性のものであるため時期に治るとおもわれる。

 

これ以外には、眠れない症状が1から3週間ほどつづくものを短期不眠、1ヶ月以上つづくものを長期不眠という。長期不眠のケースの場合は専門のおドクター様へ行きキッチリと治療をしてもらうようにする事をお勧めする。

 

どちらにしても、早目の対策をするのが良いとおもわれる。

トップへ戻る