≪予防医学と食事≫水分補給は肝心だ

≪予防医学と食事≫水分補給は肝心だ

≪予防医学と食事≫水分補給は肝心だ

人間の身体のおよそ60%が水分でできている。
そして人間は汗や尿で水分を排出し、また新たに水分を補給して、体内で水を循環させることで健康な身体をキープしているのである。
摂取した水分は、血液に混ざり毛細血管を通って脳まで運ばれる。
また酸素や栄養素を、体の隅々の細胞へ届ける任務も成し遂げている。

 

血液成分のうち、およそ60%が液体成分のため、水分が不足すると血液の粘性が増し、流れが悪くなってしまう。
血液の流れが悪くなると、酸素や栄養素を細胞へ届ける活動も充分に果たせなくなり、その結果、身体の具合を崩してしまうことになる。
病気にかかりにくい健康な身体を作る予防医学の実践方法としても、水分補給は欠かせない。
1日に約1.5から2リットルの水分が必須事項だと言われるが、水分の多い食事を摂るとそこからも補給できるので、他に飲料として1リットル位摂れると良いと思う。
コーヒーやお茶などでも水分補給はできるが、効率よく水分を身体に補給するためには、水そのものを飲んだほうが効果的である。

 

身体の水分が不足して脱水になると、血液の粘性が増して血管がつまりやすくなる。
脳梗塞の予防医学に気を付けている人は、なおさら水分補給にこころがけて欲しいと思う。
特に年齢を重ねてくると、喉の渇きを実感しにくくなってくる。
喉が渇いたから水を飲む、というタイミングでは水分が充分に補給できなくなるので、こまめに水分を摂ることを日頃から習慣または慣例づけて欲しい。

トップへ戻る