コンタクトレンズの寿命

コンタクトレンズの種類を比較したところで書いたかもしれないが、耐用年数はハードコンタクトは2年ほどでありソフトは1から2年ほどだと言われている。
メーカーなどによって異なることはあるかもしれないけれども。
しかし実際はどうなのだろうか。
私のことばかり書いているようで恐縮であるが、一番身近な事例なので、やっぱりここでも自分の体験を挙げさせて欲しい。
さて私のハードレンズは、なんとまだ3代目なのである。
勿論(もちろん)、ちゃんと眼科の先生の検診も受けている。
それでも、「大丈夫。やや綺麗(きれい)であるし、まだ活用可能だ。」と言われているので用いている。
右はまだ2代目である。右は5年以上用いているけれども。
まず右の1代目は5年ほどでレンズに傷が細かく入っていたり、度数が変わったので買い替えた。
それからも水道に流してしまったりしたのであるが、管を外して回収という執念だ。
でも、元気にまだ現役である。
左の1代目は破損である。そして2代目は近頃まで頑張ってくれていた。
3代目に変えたのは、まだ使えたけれども一応買い替えた。
予備として2代目くんはまだ手元に有る。
万が一、の紛失などに備えて待機中、というところだ。
私のコンタクトレンズは、5年ほどは使えている、と言う事である。
酸素透過性のハードコンタクトレンズである。
肝心にして、手入れを日々怠りなくやって、定期検診を受けていく。これだけで、レンズの寿命は延びるんである。
こうやって書くと、元の勤め先の眼科医には、「耐用年数くらいで交換しなさい!」って怒られそうであるけれども。

トップへ戻る