<花粉症の食事治療>シソ

花粉症の症状をやわらげる効果がある食材として「シソ」がある。
シソには「青ジソ」と「赤ジソ」がある。
シソの中には体の中でヒスタミンを過剰に作成しないようにする制御効果がある。
アレルギー症状を制御してくれると云うポリフェノールの成分でロズマリン酸も含有されている事から花粉症に効果があるとされている。

 

「赤ジソ」の方が「青ジソ」よりも効果が高くおすすめである。
しかし「赤ジソ」は時期を選定する為、入手困難なケースの場合は「青ジソ」でも大丈夫である。

 

このシソを上手くつかって食事治療に役立ててみるべきだ。
シソを使用して出きる花粉症におすすめの食事治療メニューと作り方を案内すべきだろう。

 

「シソジュース」である。
簡単に出きて花粉症の症状をやわらげてくれるから、是が非でも食事の際もしくはお茶代わりに飲んでみて欲しい。
花粉が飛散する時期より前から、毎日飲んでいると効果が発揮されやすくなる。

 

準備する材料はシソの大葉を4から5束レベル、水2カップ、砂糖160g、クエン酸5gである。
まずシソを綺麗に洗いる。
手で適当な大きさにちぎって鍋に入れて、水を2カップ注ぐ。
鍋を火にかけて沸騰させる。
沸騰して約5分経ったら鍋からシソを取り出す。
砂糖を入れて溶けたら火を留める。
クエン酸を少しずつ注いでいくと、ピンク色になってくるのだ。
ペーパータオル等で漉して、冷めたら冷蔵庫で冷やすべきだろう。

 

これでできあがりである。
濃縮タイプな為、呑み込む時は水で割って好みの濃度にして欲しい。

トップへ戻る