便秘にいい食事

便秘にいい食事とはどのようなものだろうか。
一言で云うと「和食」がベストである。
和食でご飯を主食として口にするのが便秘にとっては1番いい食事と云える。
ご飯の中にはでんぷんがおおく含有されている。
このでんぷんは難消化性のでんぷんの為、便秘を予防するにはベストの食材である。

 

洋食で副食にサラダをとって野菜をたくさん取るよりも、和食の副食として煮物やおひたし等を取った方がおおくの食物繊維をガッツリと取る事ができるのだ。
野菜の1日の必要摂取量は350g以上と設定されている。
しかし近年若者と中心として野菜の摂取量が極端に多くはないと云う風潮になってきている。
これは便秘だけではなく、国民の健康キープの為にも良くない風潮である。

 

便秘を予防し、便量をキープしていく為には最低でも片手一杯分は野菜を取る必要がある。
更に昆布やわかめ等の海藻類やごぼうやニンジン等の根菜類、しいたけ、しめじ等のきのこ類等を一品としてプラスするとベストな食事となる。
食後にはビタミンCやペクチンをたくさん包括している果物をデザートとして口にすると更に効果がある。
これらのかんきつ類には腸を刺激する効果があるため便秘改善がのぞめるのである。

 

まず初めは食事の摂り方として1日3回キッチリと食事を口にする事。
そして和食中心の食事で腸をさっぱり綺麗にして快便を目指すべきだろう。
便秘に苦しんでいる人は速やかに実践してみてほしい。

トップへ戻る